■研究者紹介
()
氏 名 原 辰彦 (Dr. Tatsuhiko Hara)
所 属 国際地震工学センター 上席研究員
専 門 地震学
メール
個人HP 建築研究所 国際地震工学センター 個人HP




略 歴

1987年 東京大学理学部地球物理学科卒業
1989年 東京大学大学院修士課程理学系研究科地球物理学専攻修了
1992年 東京大学大学院博士課程理学系研究科地球物理学専攻修了、博士(理学)
1997年 建築研究所研究員
1999年 建築研究所主任研究員
2003年〜現在 建築研究所上席研究員
2007年 政策研究大学院大学連携准教授
2009年〜現在 政策研究大学院大学連携教授

所属学協会

  • 日本地球惑星科学連合
  • 日本地震学会
  • 米国地球物理学連合

最近の主要な研究活動

  • 世界の大地震カタログの更新・拡充と機能性向上
  • 開発途上国の震災対策技術の向上および普及に関する研究

主要論文等

    (査読あり)

  • Hara, T., 2005. Change of the source mechanism of the main shock of the 2004 off the Kii peninsula earthquakes inferred from long period body wave data, Earth Planets Space, 57, 179-183.
  • Hara, T., 2007. Measurement of duration of high-frequency energy radiation and its application to determination of magnitudes of large shallow earthquakes, Earth Planets Space, 59, 227-231.
  • Hara, T., 2007. Magnitude determination using duration of high frequency energy radiation and displacement amplitude: application to tsunami earthquakes, Earth Planets Space, 59, 561-565.
  • Hara, T., 2008. Temporal characteristics of high band-pass filtered teleseismic P-waveforms from large shallow earthquakes, Earth Planets Space, 60, 781-784.
  • Hara, T., 2011. Magnitude determination using duration of high frequency energy radiation and displacement amplitude: application to the 2011 Off the Pacific Coast of Tohoku Earthquake, Earth Planets Space, in press.
  • Hara, T. and Nishimura, N., 2011. Numerical experiments to investigate the accuracy of broadband moment magnitude, Mwp, Geophys. J. Int., in press.

受賞歴

最優秀口頭発表賞  於『包括的核実験禁止条約:「科学と技術2011」』



前のページに戻る


 所在地・交通案内
関連リンク
サイトマップ
お問い合わせ
リンク・著作権


国立研究開発法人 建築研究所, BUILDING RESEARCH INSTITUTE

(c) BRI All Rights Reserved