■研究者紹介
()
氏 名 宮内 博之 (Hiroyuki Miyauchi、Dr. Eng.)
所 属 材料研究グループ 主任研究員
専 門 建築防水、コンクリート、ドローン(UAV)技術
メール




略 歴

1996年 東京都立大学 工学部 建築学科 卒業
1998年 東京工業大学大学院 総合理工学研究科 環境物理工学専攻 修士課程 修了
1999年 東京工業大学 応用セラミックス研究所・建築物理研究センター 助手
2003年 東京工業大学・博士(工学)取得
2006年 カナダ・National Research Council Canada客員研究員
2007年 東京工業大学 応用セラミックス研究所・建築物理研究センター 助教
2008年 韓国・忠南大学校 工科大学 建築工学科 助教授
2013年 韓国・忠南大学校 工科大学 建築工学科 副教授
2014年 独立行政法人 建築研究所 材料研究グループ 主任研究員
2015年国立研究開発法人 建築研究所 材料研究グループ 主任研究員(〜現在)

所属学協会

  • (一社)日本建築学会
  • (一社)日本建築仕上学会
  • (一社)日本ドローンコンソーシアム
  • (一社)日本UAS産業振興協議会


最近の主要な研究活動

    1.最近の主要な研究活動:
    (1)建築研究所指定課題「RC造建築物の変状・損傷の早期確認と鉄筋腐食の抑制技術等に関する研究」(2016年度〜2018年度)
    (2)日本学術振興会・科学研究費助成事業・基盤研究(C)(一般)「建築物の長寿命化に資する外壁目地の性能評価システムの開発」(2016年度〜2018年度)
    (3)所外研究活動
    1)建築分野におけるドローン技術の利活用
    ・日本建築学会・UAVを活用した建築保全技術開発WG主査
    2)建築物の維持保全に関わる研究活動
    ・日本建築学会・大規模修繕のあり方WG主査
    ・日本建築学会・シール材耐疲労性WG主査/シール材接着耐久性WG主査

    2.過去の主な研究活動:
    ・建築研究所重点研究課題「建築物の戦略的保全に資する建築部材の物理的耐久性の評価技術の開発」(2014〜2015年度)
    ・建築研究所基盤研究課題「建物外皮の挙動を考慮したシーリング目地の耐久性評価方法の提案」(2014〜2015年度)
    ・日本学術振興会・研究活動スタート支援「建築目地防水に関わる早期劣化診断と寿命管理技術の開発」(2014〜2015年度)
    ・韓国研究財団・中堅(個人)「建築外壁接合部の防水評価試験方法の開発とフェイルセーフ設計法の構築」(2012〜2013年度)
    ・韓国研究財団・一般(基本)「建築外装材の超促進型環境劣化シミュレーター開発と耐久性能設計法の構築」(2010〜2013年度)
    ・韓国学術振興財団・一般(新人)「建築仕上材下部のコンクリート亀裂部の中性化評価と建築外皮の耐久性予測」(2009〜2012年度)
    ・韓国学術振興財団・一般(基本)「コンクリートの耐久性に影響を及ぼす建築仕上材のガス透過性能評価」(2009〜2010年度)



前のページに戻る


 所在地・交通案内
関連リンク
サイトマップ
お問い合わせ
リンク・著作権


国立研究開発法人 建築研究所, BUILDING RESEARCH INSTITUTE

(c) BRI All Rights Reserved