■研究者紹介
()
氏 名 藤井 雄士郎 (Dr. Yushiro Fujii)
所 属 国際地震工学センター 主任研究員
専 門 地震学・津波
メール



トピックス


略 歴

2004年 博士号(理学)取得 九州大学大学院理学研究科地球惑星科学専攻
2004年5月〜2005年3月 九州大学情報基盤センター 学術研究員
2005年4月〜2006年4月 産業技術総合研究所 活断層研究センター 特別研究員
2006年4月〜2009年3月 建築研究所 国際地震工学センター 任期付研究員
2009年4月〜2009年3月 建築研究所 国際地震工学センター 研究員
2010年4月〜現在 建築研究所 国際地震工学センター 主任研究員
2007年4月〜現在 政策研究大学院大学 政策研究科 連携准教授(非常勤)

所属学協会

  • 日本地震学会
  • 日本地球惑星科学連合
  • 米国地球物理学連合

最近の主要な研究活動

  • 「基盤研究」世界の大地震カタログの更新・拡充と機能性向上
  • 「基盤研究」開発途上国の震災対策技術の向上および普及に関する研究
  • 「科研費」古津波調査に基づく環太平洋巨大地震の津波高確率予測(研究代表者:佐竹健治 東大地震研教授)
  • 「JST-JICA地球規模課題対応国際科学技術協力事業」インドネシアにおける地震火山の総合防災策(研究代表者:佐竹健治 東大地震研教授)
  • 「JST-JICA地球規模課題対応国際科学技術協力事業」ペルーにおける地震・津波減災技術の向上(研究代表者:山崎文雄 千葉大学教授)

主要論文等

    (査読あり)

  • Fujii, Y. and K. Satake, Source of the July 2006 West Java tsunami estimated from tide gauge records,Geophys. Res. Lett., 33, L24317, doi:10.1029/2006GL028049, Dec. 2006.
  • Fujii, Y. and K. Satake, Tsunami Source of the 2004 Sumatra-Andaman Earthquake inferred from Tide Gauge and Satellite Data, Bull. Seism. Soc. Am., Vol. 97, No. 1A, S192-S207, Jan. 2007.
  • Nawa, K., N. Suda, K. Satake, Y. Fujii, T. Sato, K. Doi, M., Kanao, and K. Shibuya, Loading and Gravitational Effects of the 2004 Indian Ocean Tsunami at Syowa Station, Antarctica, Bull. Seism. Soc. Am., Vol. 97, No. 1A, S271-S278, Jan. 2007.
  • Sawai, Y., Y. Fujii, O. Fujiwara, T. Kamataki, J. Komatsubara, Y. Okamura, K. Satake, and M. Shishikura, Marine incursions into a coastal lake Suijin-numa, northeast Japan, during the past 1500 years, The Holocene, SAGE Publications, Vol. 18, No. 4, 517-528, June 2008.
  • Takenaka, H. and Y. Fujii, A compact representation of spatio-temporal slip distribution on a rupturing fault: An efficient scheme for FDM simulation of seismic motion for a large earthquake, J. Seismology, Journal of Seismology, Springer, Vol. 12, No. 2, 281-293, Apr. 2008.
  • Sawai, Y., T. Kamataki, M. Shishikura, H. Nasu, Y. Okamura, K. Satake, K. H. Thomson, D. Matsumoto, Y. Fujii, J. Komatsubara and T. T. Aung, A periodic recurrence of geologically recorded tsunamis during the past 5500 years in eastern Hokkaido, Japan, Journal of Geophysical Research, Vol. 114, B01319, doi:10.1029/2007JB005503, Jan. 2009.
  • Fujii, Y. and K. Satake, Tsunami sources of November 2006 and January 2007 great Kuril earthquakes, Bull. Seism. Soc. Am., Vol. 98, No. 3, 1559-1571, June 2008.
  • Fujii, Y. and K. Satake, Tsunami waveform inversion of the 2007 Bengkulu, southern Sumatra earthquake, Earth, Planets and Space, Vol. 60, No. 9, 993-998, Oct. 2008.
  • Fujii, Y., K. Satake and Y. Nishimae, Observation and Modeling of the January 2009 West Papua, Indonesia Tsunami, Pure and Applied Geophysics, Pure Appl. Geophys. 168, 1089-1100,Dec. 2010.
  • Fujii, Y., K. Satake, S. Sakai, M. Shinohara and T. Kanazawa, 2011, Tsunami source of the 2011 off the Pacific coast of Tohoku, Japan earthquake, EPS special issue, in Print.



前のページに戻る


 所在地・交通案内
関連リンク
サイトマップ
お問い合わせ
リンク・著作権


国立研究開発法人 建築研究所, BUILDING RESEARCH INSTITUTE

(c) BRI All Rights Reserved