■建築研究資料

No.173号(2016(平成28年)9月)

平成28年(2016年)熊本地震建築物被害調査報告(速報)


国総研資料No.929号
建築研究資料No.173号

国土技術政策総合研究所
国立研究開発法人建築研究所

P372


    
<概要>
 平成28年4月14日以降に発生した平成28年(2016年)熊本地震は、数多くの建築物に倒壊等の被害をもたらした。国土技術政策総合研究所及び(国研)建築研究所では発災直後より、分野別に専門家を現地に派遣し、地震及び地震動、木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造、基礎・地盤、免震、非構造部材・設備、火災等の建築物被害調査等を実施してきた。
 本資料は、現段階におけるこれら調査研究の成果を速報として取りまとめたものである。


< 更新中 >
 
表紙・中扉・はしがき・目次・執筆分担
第1章はじめに
第2章調査研究の概要
第3章被害一般
第4章地震および地震動
第5章地震動による建築物等の被害
5.1建築物等の地震被害調査の方針
5.2益城町中心部における悉皆調査
5.3木造建築物の被害
5.4鉄骨造建築物の被害
5.5鉄筋コンクリート造等建築物の被害
5.6基礎・地盤の被害
5.7免震建築物の被害
5.8非構造部材・設備の被害
第6章 火災による建物被害
第7章 おわりに
謝辞・奥付



建築研究資料一覧へ戻る | 出版物一覧へ戻る


 所在地・交通案内
関連リンク
サイトマップ
お問い合わせ
リンク・著作権


国立研究開発法人 建築研究所, BUILDING RESEARCH INSTITUTE

(c) BRI All Rights Reserved