■研究者紹介
()
氏 名 山口 修由 (Dr. Nobuyoshi Yamaguchi)
所 属 材料研究グループ 研究員
専 門 木質構造、耐震工学
メール




トピックス

  1. 国際建設材料構造研究機関・専門家連合RILEM の研究委員会TC215-ASTメンバー
  2. 国際建設材料構造研究機関・専門家連合RILEM の研究委員会TC245-RTEメンバー
  3. 欧州機構科学技術共同研究COST ACTION の研究委員会FP1101パートナー

所属学協会

  • 日本建築学会
  • 日本木材学会

最近の主要な研究活動

  • 建築物の戦略的保全に資する建築部材の物理的耐久性の評価技術の開発(H26-27)
  • CLT等を構造材とする木造建築物の普及促進に資する設計法の開発(H26-27)
  • 既存木造住宅等の長期使用を目指した木質建築部材の健全性診断技術に関する研究

主要論文等

    (査読付き)

  1. 木ねじプローブの引き抜き抵抗を用いた木質部材の健全性診断(日本建築学会構造系論文集)
  2. 木質構造の耐震性能評価に与える変形速度と繰り返し加力の影響(構造工学論文集)
  3. エネルギーに基づく木質構造の耐震性能評価―軸組工法合板耐力壁―(構造工学論文集)
  4. “In situ Assessment Method of Wood using Normalized Withdrawal Resistances of Metric-screw Type Probes”, Advanced Materials Research Vol.778 (2013), pp.217-224

主要著書

  1. 木質構造設計規準・同解説 (共著)日本建築学会
  2. 木質構造の設計      (共著)日本建築学会関東支部
  3. In Situ Assessment of Structural Timber, RILEM STATE OF THE ART REPORTS Volume 7, Springer, 2010



前のページに戻る


 所在地・交通案内
関連リンク
サイトマップ
お問い合わせ
リンク・著作権


国立研究開発法人 建築研究所, BUILDING RESEARCH INSTITUTE

(c) BRI All Rights Reserved