■研究者紹介
()
氏 名 石原 直 (Dr. Tadashi ISHIHARA)
所 属 建築生産研究グループ 主任研究員
専 門 非構造部材の耐震、地震工学、鉄骨造
メール




略 歴

平成12年3月 東京工業大学大学院理工学研究科博士課程修了 博士(工学)
平成12年4月 建設省建築研究所第3研究部・研究員
平成13年11月 国土交通省住宅局建築指導課・構造係長
平成14年11月 国土交通省国土技術政策総合研究所建築研究部・研究官
平成16年4月 国土交通省国土技術政策総合研究所建築研究部・主任研究官
平成23年4月 (独)建築研究所国際地震工学センター・主任研究員
平成24年4月 (国研)建築研究所建築生産研究グループ・主任研究員
現在に至る


所属学協会

  • 日本建築学会
  • 日本地震工学会


最近の主要な研究活動

  • 面内剛性の低い様々な構法を踏まえた天井の耐震設計と軽量鉄骨下地乾式間仕切壁の耐震性に関する基礎研究
  • ガセットプレート形式の接合部を含むトラス構成部材の座屈耐力に関する研究
  • 浮き上がりによる応答低減効果を活用した建築物の耐震設計上の課題に関する基礎研究
  • 気象外乱下での建築物の継続使用に資する耐風・耐雪性能検証法に関する研究

公開VIDEO

大規模天井の加振実験
(平成25年度建築基準整備促進事業 戸田建設との共同研究)

  幅以上の厚さをもつ鋼材試験片の引張試験    多層建築物の浮き上がり地震応答に関する
   模型実験


主要論文等

  1. 石原直、ほか:非構造部材の耐震設計用慣性力評価のための構造躯体の加速度について、構造工学論文集、Vol.63B、pp.75-82、2017年3月
  2. 石原直、ほか:地震時浮き上がりを伴う均一せん断棒モデルの区分線形モード解析法、日本建築学会関東支部研究報告集、T、pp.273-276、2017年2月
  3. 石原直、ほか:勾配等が変化する屋根面での飽和層モデルによる積雪後降雨荷重の推定、日本建築学会関東支部研究報告集、T、pp.365-368、2017年2月
  4. 山下圭吾、石原直、ほか:一体化段差部を有する天井の耐震性に関する実験と解析、日本建築学会関東支部研究報告集、T、pp.621-624、2017年2月
  5. 神戸寛史、石原直、ほか:面内せん断変形に着目したシステム天井の耐震性に関する実験と解析、日本建築学会関東支部研究報告集、T、pp.625-628、2017年2月
  6. 石原直、ほか:厚板の全厚引張試験片における一様伸びと破断伸びの関係、鋼構造年次論文報告集、第24巻、pp.164-168、2016年11月
  7. 石原直、ほか:はね出し長さの異なる鋼製下地吊り天井の面内圧縮耐力に関する静的載荷実験、日本建築学会技術報告集、第22巻、第52号、pp.993-996、2016年10月
  8. 石原直、ほか:均一せん断棒モデルの浮き上がり地震応答解析 ―熊本地震の観測波を含む計算例―、日本地震工学会第12回年次大会梗概集、P2-41、2016年9月
  9. 田口尚、石原直、ほか:面外振動数に着目した2段積みALC間仕切壁の構造2次部材の選定について その1〜その3、日本建築学会大会学術講演梗概集、材料施工、pp.901-906、2016年8月
  10. 大槻政哉、喜々津仁密、高橋徹、千葉隆弘、石原直、ほか:積雪後の降雨に配慮した屋根雪荷重の評価に関する研究 その5〜その6、日本建築学会大会学術講演梗概集、構造T、pp.85-88、2016年8月
  11. 石原直、ほか:モード分解・合成による大地震時の床応答スペクトルの近似的評価、日本地震工学会第11回年次大会梗概集、P3-22、2015年11月
  12. 石原直:タワー型建築物の地震力と床応答スペクトルに関する一考察、日本地震工学会第11回年次大会梗概集、P3-34、2015年11月
  13. 石原直、ほか:浮き上がりによる損傷と残留変形の抑制効果に関する基礎研究、日本建築学会大会学術講演梗概集、構造U、pp.271-272、2015年9月
  14. 小豆畑達哉、石原直、ほか:浮き上がりと上部構造の塑性化を伴う1層モデルの振動台実験、構造U、pp.833-834、2015年9月
  15. 石原直、ほか:床応答スペクトルの略算法に基づく非構造部材等の設計用地震力、日本建築学会技術報告集、第21巻、第48号、pp.511-515、2015年6月
  16. 稲井慎介、石原直、ほか:静的面内圧縮力を受ける鋼製下地吊り天井の力学特性、日本建築学会技術報告集、第21巻、第48号、pp.455-460、2015年6月
  17. 石原直、ほか:鋼製下地吊り天井の天井面の曲げに関する力学特性、日本建築学会技術報告集、第21巻、第47号、pp.45-48、2015年2月
  18. 石原直、ほか:浮き上がり許容構造の動的弾塑性挙動と損傷低減効果に関する1層モデルの解析と実験、第14回日本地震工学シンポジウム論文集、pp.2226-2235、2014年12月
  19. 稲井慎介、石原直、ほか:周囲の壁等に慣性力を負担させる鋼製下地吊り天井の地震時衝撃力に関する振動台実験、第14回日本地震工学シンポジウム論文集、pp.2572-2581、2014年12月
  20. 石原直、ほか:中間梁のある大規模間仕切壁の地震時面外応答に関する振動台実験、鋼構造年次論文報告集、第22巻、pp.322-327、2014年11月
  21. 石原直、ほか:周囲の壁等に慣性力を負担させる水平な在来工法天井の耐震性に関する実験的研究 その1〜その5、日本建築学会大会学術講演梗概集、構造T、pp.977-986、2014年9月
  22. 石原直、ほか:大規模な間仕切壁を有する物流倉庫の地震観測、鋼構造年次論文報告集、第21巻、pp.725-730、2013年11月
  23. 石原直:有効質量テンソル 多次元モードの慣性質量と主軸、日本建築学会構造系論文集、第78巻、第691号、 pp.1553-1558、2013年9月
  24. 岩田善裕、石原直、ほか:鋼材の素材引張試験における一様伸びと破断伸びの関係、日本建築学会構造系論文集、第78巻、第683号、pp.223-232、2013年1月
  25. 渡壁守正、脇山善夫、石原直、ほか:東北地方太平洋沖地震を経た体育館の振動特性、日本建築学会技術報告集、第18巻、第40号、pp.865-870、2012年10月
  26. T. Ishihara, ほか:Modal Analysis of Dynamic Behavior of Buildings Allowed to Uplift at Mid-story、Proceedings of 15th WCEE、Paper No.4635、2012年9月
  27. 石原直、ほか:均一せん断棒で模擬された多層建築物の浮き上がり挙動に対する回転慣性の影響、アスペクト比の小さい建築物への浮き上がりの活用、日本建築学会構造系論文集、第76巻、第667号、pp.1601-1610、2011年9月
  28. 石原直、ほか:履歴系免震建築物の自由振動解析、第13回日本地震工学シンポジウム論文集、pp.542-549、2010年11月
  29. M.Midorikawa, T.Ishihara, ほか: THREE-DIMENSIONAL SHAKING TABLE TESTS ON THREE-STORY REDUCED-SCALE STEEL ROCKING FRAMES, Proceedings of the 9th US National and 10th Canadian Conference on Earthquake Engineering 2010, Paper No 385, 2010年7月
  30. 石原直:煙突の地震力 −変断面曲げ棒によるモデル化とそのモード解析−、日本建築学会関東支部研究報告集、T、pp.269-272、2010年3月
  31. 石原直、ほか:1層1軸偏心構造物の地震時浮き上がり挙動に関する基礎実験、鋼構造年次論文報告集、第17巻、pp.115-120、2009年11月
  32. 脇山善夫、石原直、ほか:学校体育館の振動特性調査、日本建築学会大会学術講演梗概集、B-U、pp.585-596、2009年8月
  33. 石原直、ほか:均一せん断棒による多層建築物の浮き上がりモード特性と自由振動、日本建築学会構造系論文集、第74巻、第640号、pp.1055-1061、2009年6月
  34. M.Midorikawa, T.Azuhata, T.Ishihara and A.Wada: Shaking table tests on seismic response of steel braced frames with column uplift, Earthquake Engineering and Structural Dynamics, Vol.35(14), pp.1767-1785、2006年11月
  35. 石原直、ほか:層剛性分布を考慮した多層建築物の浮き上がり地震応答模型実験、鋼構造年次論文報告集、第14巻、pp.327-334、2006年11月


受賞歴

平成22年11月 日本鋼構造協会 論文賞
平成23年 8月 日本建築学会 奨励賞



前のページに戻る


 所在地・交通案内
関連リンク
サイトマップ
お問い合わせ
リンク・著作権


国立研究開発法人 建築研究所, BUILDING RESEARCH INSTITUTE

(c) BRI All Rights Reserved