■研究者紹介
()
氏 名 諏訪田 晴彦 (Dr. Haruhiko Suwada)
所 属 国際地震工学センター 主任研究員
専 門 耐震工学 鉄筋コンクリート構造
メール




略 歴

1989年3月 新潟県立新発田南高等学校建築科卒業
1989年4月 建設省建築研究所第三研究部研究補助員
1998年3月 千葉大学工学部建築学科Bコース卒業
2000年4月 建設省建築研究所第三研究部研究員
2008年3月 博士(工学)取得(千葉大学)
2014年1月 国土交通省国土技術政策総合研究所主任研究官
2018年4月 国立研究開発法人建築研究所国際地震工学センター主任研究員

所属学協会

  • 日本建築学会
  • 日本コンクリート工学協会
  • 日本地震工学会

最近の主要な研究活動

  • 「開発途上国の現状に即した地震・津波に係る減災技術及び研修の普及に関する研究」
  • 「大地震に対するRC造建築物の耐震設計における応答変形算出の精緻化に関する研究」

主要論文等

    【査読あり】

  1. 「比較的薄い二次壁を有するRC造平面架構の崩壊挙動と各種一貫構造計算プログラムによる解析精度の分析」,諏訪田晴彦,小豆畑達哉,コンクリート工学年次論文集,第39巻・第2号(日本コンクリート工学会),pp.1-6,2017年6月
  2. 「袖壁付き柱を活用した実大5層鉄筋コンクリート造建築物の載荷実験」,壁谷澤寿一,向井智久,福山洋,加藤博人,諏訪田晴彦,勅使川原正臣,楠浩一,日本建築学会構造系論文集,Vol.81,No.720(日本建築学会),pp.313-322,2016年2月
  3. 「超高強度繊維補強コンクリートを用いたプレキャスト袖壁により補強されたRC柱の終局強度」,向井智久,福山洋,諏訪田晴彦,白井一義,衣笠秀行,日本建築学会構造系論文集,Vol.80,No.710(日本建築学会),pp.637-645,2015年4月
  4. 「柱梁曲げ強度比が小さいRC造段差梁−柱接合部の耐震性能に関する実験的研究」,諏訪田晴彦,小豆畑達哉,コンクリート工学年次論文集,第36巻・第2号(日本コンクリート工学会),pp.223-228,2014年6月
  5. 「東日本大震災における公共建築物の震動被害の検証」,壁谷澤寿一,福山洋,加藤博人,諏訪田晴彦,田尻清太郎,谷昌典,構造工学論文集,Vol.59B(日本建築学会),pp.21-26,2013年3月
  6. 「Flexural Drift Capacity of Reinforced Concrete Wall with Limited Confinement」,Susumu Takahashi, Kazuya Yoshida, Toshikatsu Ichinose, Yasushi Sanada, Kenki Matsumoto, Hiroshi Fukuyama and Haruhiko Suwada,ACI STRUCTURAL JOURNAL,VOL.110,NO.1(American Concrete Institute),pp.95-104,Feb 2013.
  7. 「高靭性セメント系複合材料を用いた二次壁の耐震性能に関する実験的研究」,諏訪田晴彦,コンクリート工学年次論文集,第34巻・第2号(日本コンクリート工学会),pp.1237-1242,2012年6月
  8. 「鉄筋コンクリート造袖壁付き柱の変形性能」,佐藤充晴,壁谷澤寿海,金裕錫,黄賢聖,細川洋治,福山洋,諏訪田晴彦,壁谷澤寿一,構造工学論文集,Vol.58B(日本建築学会),pp.9-14,2012年3月
  9. 「圧縮側に柱型がないRC耐震壁の曲げ変形性能」,高橋之,吉田和也,市之瀬敏勝,真田靖士,松本健規,福山洋,諏訪田晴彦,日本建築学会構造系論文集,Vol.76・No.660(日本建築学会),pp.371-377,2011年2月
  10. 「RC造十字型柱梁接合部の局部変形に関する実験的研究」,田尻清太郎,諏訪田晴彦,コンクリート工学年次論文集,第32巻・第2号(日本コンクリート工学協会),pp.325-330,2010年6月
  11. 「超高強度繊維補強コンクリート及び高強度無収縮モルタルを充填部に使用したプレキャスト部材接合部の引張性能に関する実験的研究」,諏訪田晴彦,向井智久,白井一義,衣笠秀行,コンクリート工学年次論文集,第31巻・第2号(日本コンクリート工学協会),pp.1477-1482,2009年6月
  12. 「高靭性セメント系複合材料を用いたダンパー部材のせん断耐力と変形能に関する評価法の提案と検証 ?高靭性セメント系複合材料を用いたダンパー部材のせん断耐力と変形能に関する研究(その2)-」,諏訪田晴彦,福山洋,野口博,日本建築学会構造系論文集,Vol.73・No.634(日本建築学会),pp.2185-2194,2008年12月
  13. 「ひずみ硬化型引張特性を有する高靭性セメント系複合材料を用いたダンパー部材のせん断挙動に関する研究」,博士学位論文,(千葉大学),2008年2月
  14. 「高靭性セメント系複合材料を用いたダンパー部材のせん断耐力と変形能に影響を及ぼす要因に関する実験および解析的検討 -高靭性セメント系複合材料を用いたダンパー部材のせん断耐力と変形能に関する研究(その1)-」,諏訪田晴彦,福山洋,日本建築学会構造系論文集,No.612(日本建築学会),pp.171-178,2007年2月
  15. 「高靭性繊維補強セメント複合材料を用いた縮小フレーム構造の振動実験」,梶原裕樹,小杉慎司,境有紀,松森泰造,諏訪田晴彦,福山洋,第12回日本地震工学シンポジウム論文集(日本地震工学会),pp.886-889,2006年11月
  16. 「高靭性セメント系複合材料の擬似ひずみ硬化性引張挙動に及ぼす影響因子に関する実験的研究」,諏訪田晴彦,福山洋,日本建築学会構造系論文集,No.605(日本建築学会),pp.1-8,2006年7月
  17. 「Nonlinear Finite Element Analysis on Shear Failure of Structural Elements using High Performance Fiber Reinforced Cement Composite」,Haruhiko Suwada,Hiroshi Fukuyama,Journal of Advanced Concrete Technology,Vol.4・No.1(Japan Concrete Institute),pp.45-57,Feb 2006
  18. 「応答制御用付加柱を組み込んだ既存ピロティ建築物の部分仮動的実験」,岩渕一徳,福山洋,諏訪田晴彦,芳村学,日本建築学会構造系論文集,No.596(日本建築学会),pp.79-86,2005年10月
  19. 「強度・剛性・靭性を兼ね備えた高性能耐震要素の構造実験」,諏訪田晴彦,福山洋,向井智久,野村設郎,コンクリート工学年次論文集,第27巻・第2号(日本コンクリート工学協会),pp.1087-1092,2005年6月
  20. 「壁式RC造既存建物の実大壁を対象とした加力実験」,加藤博人,楠浩一,諏訪田晴彦,中埜良昭,コンクリート工学年次論文集,第27巻・第2号(日本コンクリート工学協会),pp.475-480,2005年6月
  21. 「繊維補強RPCを用いたプレキャスト壁による耐震補強に関する実験的研究」,渡辺烈,白井一義,諏訪田晴彦,福山洋,コンクリート工学年次論文集,第27巻・第2号(日本コンクリート工学協会),pp.1153-1158,2005年6月
  22. 「高靭性セメント系複合材料を用いた構造要素のせん断破壊挙動に関する非線形FEM解析」,諏訪田晴彦,福山洋,日本建築学会構造系論文集,No.585(日本建築学会),pp.147-154,2004年11月
  23. 「超縮小模型を用いた鉄筋コンクリート構造の簡易震動実験手法の開発 −超縮小模型による鉄筋コンクリート造の復元力特性の再現性−」,境有紀,徳井紀子,真田靖士,山内成人,中埜良昭,諏訪田晴彦,福山洋,日本建築学会構造系論文集,No.584(日本建築学会),pp.147-152,2004年10月
  24. 「HPFRCC応答制御要素を組み込んだ建物架構の振動台実験」,福田顕義,諏訪田晴彦,福山洋,勅使川原正臣,日本建築学会構造系論文集,No.579(日本建築学会),pp.87-93,2004年5月
  25. 「回転変形が卓越するHPFRCC応答制御要素の浮き上がり変形拘束による付加軸力の影響を考慮した荷重−変形関係の推定法」,福田顕義,諏訪田晴彦,福山洋,勅使川原正臣,日本建築学会構造系論文集,No.574(日本建築学会),pp.173-180,2003年12月
  26. 「Experimental Response of HPFRCC Dampers for Structural Control」,Hiroshi Fukuyama,Haruhiko Suwada,Journal of Advanced Concrete Technology,Vol.1・No.3(Japan Concrete Institute),pp.317-326,Nov 2003
  27. 「高靭性型セメント系複合材料を用いた応答制御要素の復元力特性に関する基礎研究」,諏訪田晴彦,福山洋,コンクリート工学年次論文集,第25巻・第2号(日本コンクリート工学協会),pp.1375-1380,2003年6月
  28. 「セメント系部材の履歴特性コントロールに関する基礎的研究」,諏訪田晴彦,福山洋,梁一承,コンクリート工学年次論文集,第24巻・第2号(日本コンクリート工学協会),pp.1597-1602,2002年6月
  29. 「構造物の高性能化に向けた高靭性繊維補強セメント複合材料の開発」,諏訪田晴彦,磯雅人,福山洋,コンクリート工学年次論文集,第23巻・第3号(日本コンクリート工学協会),pp.133-138,2001年6月
  30. 「高靭性型セメント系複合材料の一軸引張−圧縮繰り返し試験方法の提案」,佐藤幸博,福山洋,諏訪田晴彦,日本建築学会構造系論文集,No.539(日本建築学会),pp.7-12,2001年1月

主要著書

  1. 「災害拠点建築物の設計ガイドライン(案)」,国土技術政策総合研究所資料(No.1004),『共同執筆』,2018年1月
  2. 「2017年改訂版 既存鉄筋コンクリート造建築物の耐震診断基準同解説」,一般財団法人日本建築防災協会,『共同執筆』,2017年7月
  3. 「平成28年(2016年)熊本地震建築物被害調査報告(速報)」,国土技術政策総合研究所資料(No.929)&建築研究資料(No.173),一般社団法人建築研究振興協会,『共同執筆』,2016年9月
  4. 「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震調査報告」,国土技術政策総合研究所資料(No.674)&建築研究資料(No.136),一般社団法人建築研究振興協会,『共同執筆』,2012年3月
  5. 「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震調査研究(速報)(東日本大地震)」,国土技術政策総合研究所資料(No.636)&建築研究資料(No.132),一般社団法人建築研究振興協会,『共同執筆』,2011年5月
  6. 「2008年5月12日?川地震(四川大地震)における建築物被害と復興に係わる調査活動の記録」,国土技術政策総合研究所資料(No.535)&建築研究資料(No.118),一般社団法人建築研究振興協会,『共同執筆』,2009年5月

受賞歴

2002年、2005年 コンクリート工学講演会年次論文奨励賞(日本コンクリート工学協会)



前のページに戻る


 所在地・交通案内
関連リンク
サイトマップ
お問い合わせ
リンク・著作権


国立研究開発法人 建築研究所, BUILDING RESEARCH INSTITUTE

(c) BRI All Rights Reserved