■研究者紹介
()
氏 名 毎田悠承 (Dr. Yusuke Maida)
所 属 構造研究グループ 研究員
専 門 鉄筋コンクリート構造
メール


 

 略 歴

2008年3月 国立徳山工業高等専門学校土木建築工学科卒業
2010年3月 熊本大学工学部建築学科卒業
2012年3月 東京工業大学大学院修士課程修了・修士(工学)
2015年3月 東京工業大学大学院博士課程修了・博士(工学)
2012年4月〜
2015年3月
日本学術振興会 特別研究員DC1
2015年4月〜
2017年3月
千葉大学大学院工学研究科建築・都市科学専攻建築学コース 助教
2017年4月〜
2018年3月
千葉大学大学院工学研究院 助教
2018年4月 国立研究開発法人建築研究所構造研究グループ 研究員


 所属学協会

    日本建築学会,日本コンクリート工学会,日本地震工学会,日本免震構造協会,プレストレストコンクリート工学会

 最近の主要な研究活動

  • 鉄筋コンクリート造建築物の構造性能評価


 主要論文等

  • 毎田悠承,渡辺英彦,前川利雄,濱田真,増子寛,曲哲,吉敷祥一,坂田弘安,和田章:座屈拘束筋違を組み込んだRC骨組の実大施工実験およびアンカーPC鋼棒の緊張力長期計測,日本建築学会技術報告集(採用決定)
  • 菊池剛和,小谷野一尚,毎田悠承,坂田弘安,岩田衛:座屈拘束ブレースとアンカーレス鉄骨枠を用いた損傷制御RC構造,構造工学論文集,Vol.64B,pp.325-331,2018.3
  • 毎田悠承,蒔田峻介,仁科智貴,和泉信之:耐震・制振・免震構造に分類した既存超高層RC造建築物の構造特性,日本建築学会技術報告集,第24巻,第56号,pp.171-176,2018.2
  • 毎田悠承,木下澄香,坂田弘安,島崎和司,和泉信之,佐伯英一郎:突起付き鋳鉄製プレートとコンクリートの圧着接合面におけるせん断耐力の評価 −突起付き鋳鉄製プレート圧着接合法を用いたコンクリート系構造物へのダンパー適用に関する研究 その1−,日本建築学会構造系論文集,第82巻,第739号,pp.1425-1435,2017.9
  • 毎田悠承,吉敷祥一,曲哲,前川利雄,濱田真,坂田弘安:座屈拘束ブレース接合部を有する損傷位置保証型RC梁の力学挙動,日本建築学会構造系論文集,第82巻,第737号,pp.1091-1101,2017.7
  • 秋田知芳,蒔田峻介,毎田悠承,和泉信之:既存超高層鉄筋コンクリート造建物の保有耐震性能指標値の推定法と頻度分布,構造工学論文集,Vol.63B,pp.407-414,2017.3
  • 坂田弘安,小林駿介,毎田悠承,島崎和司,佐伯英一郎:モルタル充填式機械式継手に用いるテーパー付カプラーの力学性状,日本建築学会技術報告集,第22巻,第51号,pp.527-530,2016.6
  • 竹中啓之,タンマアディチャ,李惠蘭,毎田悠承,和泉信之:軸力の影響を考慮した非埋め込み型RC・S造複合制振柱に関する研究,構造工学論文集,Vol.62B,pp.321-328,2016.3
  • Zhe Qu, Shoichi Kishiki, Yusuke Maida, Hiroyasu Sakata: Subassemblage Cyclic Loading Test of Buckling Restrained Braced RC Frame with Unconstrained Gusset Connections, Journal of Structural Engineering, ASCE, Vol. 142, Issue 2, 2016.2
  • Zhe Qu, Shoichi Kishiki, Yusuke Maida, Hiroyasu Sakata, Akira Wada: Seismic responses of reinforced concrete frames with buckling restrained braces in zigzag configuration, Engineering Structures, Vol. 105, pp.12-21, 2015.12
  • 毎田悠承,木下澄香,坂田弘安,島崎和司:突起付き鋳鉄製プレートとRC部材の圧着接合部の繰り返しせん断力載荷実験,コンクリート工学年次論文集,Vol.37,No.2,pp.1039-1044,2015.7
  • 毎田悠承,前川利雄,出水俊彦,濱田真,曲哲,吉敷祥一,坂田弘安,和田章:RC建築物における座屈拘束筋違の制振効果および接合部設計法 −鉄筋コンクリート骨組への座屈拘束筋違の活用に関する研究 その3−,日本建築学会構造系論文集,第80巻,第710号,pp.647-657,2015.4
  • 毎田悠承,笠井和彦,坂田弘安:梁の軸方向力を考慮した摩擦ダンパー筋違付きRC門型架構の繰り返し水平力載荷実験,コンクリート工学年次論文集,Vol.36,No.2,pp.817-822,2014.7
  • 毎田悠承,吉敷祥一,曲哲,前川利雄,濱田真,坂田弘安,和田章:座屈拘束筋違を組み込んだ鉄筋コンクリート部分架構の力学挙動 −鉄筋コンクリート骨組への座屈拘束筋違の活用に関する研究 その2−,日本建築学会構造系論文集,第79巻,第699号,pp.603-612,2014.5
  • 小寺直幸,大家貴徳,毎田悠承,坂田弘安,岩田衛:座屈拘束ブレースおよびスタッド付きガセットプレートを用いた損傷制御RC構造の設計法,日本建築学会構造系論文集,第79巻,第698号,pp.533-540,2014.4
  • 毎田悠承,曲哲,吉敷祥一,坂田弘安:柱非拘束型の座屈拘束ブレース接合部を有するRC梁の実験,コンクリート工学年次論文集,Vol.35,No.2,pp.985-990,2013.7
  • 大竹誠寛,大家貴徳,毎田悠承,小谷野一尚,村井正敏,坂田弘安,岩田衛:座屈拘束ブレースを制振部材として用いる損傷制御RC構造の実験的研究,日本建築学会構造系論文集,第78巻,第688号,pp.1123-1129,2013.6
  • Zhe Qu, Shoichi Kishiki, Hiroyasu Sakata, Akira Wada, Yusuke Maida: Subassemblage cyclic loading test of RC frame with buckling restrained braces in zigzag configuration, Earthquake Engineering and Structural Dynamics, Vol. 42, pp.1087-1102, 2013.6
  • 小寺直幸,大家貴徳,毎田悠承,坂田弘安,岩田衛:RC骨組と座屈拘束ブレースとの接合部に関する実験的研究,日本建築学会技術報告集,第19巻,第41号,pp.137-140,2013.2
  • 毎田悠承,吉敷祥一,野々山昌峰,曲哲,前川利雄,濱田真,坂田弘安,和田章:座屈拘束筋違を取り付けるための接合部を有するRC部分架構の実験 −鉄筋コンクリート骨組への座屈拘束筋違の活用に関する研究 その1−,日本建築学会構造系論文集,第77巻,第681号,pp.1737-1746,2012.11
  • 毎田悠承,曲哲,吉敷祥一,坂田弘安:鉄筋コンクリートコッターのせん断抵抗機構,コンクリート工学年次論文集,Vol.34,No.2,pp.613-618,2012.7

 受賞歴

  1. 2008年3月 日本建築協会賞(優秀卒業生賞)
  2. 2012年3月 専攻優秀賞(東京工業大学大学院総合理工学研究科人間環境システム専攻)
  3. 2012年3月 第11回冬夏賞(東京工業大学建築系同窓会冬夏会)
  4. 2012年7月 第34回コンクリート工学講演会年次論文奨励賞
  5. 2014年6月 2014年日本コンクリート工学会賞(奨励賞)
  6. 2015年3月 2014年度日本建築学会関東支部若手優秀研究報告賞
  7. 2016年2月 平成27年度手島精一記念研究賞(博士論文賞)
  8. 2016年3月 2015年度日本建築学会関東支部若手優秀研究報告賞
  9. 2016年7月 第38回コンクリート工学講演会年次論文奨励賞
  10. 2016年9月 2016年日本地震工学会大会優秀発表賞
  11. 2016年10月 2016年度日本建築学会大会(九州)学術講演会構造部門(鉄筋コンクリート構造)若手優秀発表賞
  12. 2017年7月 平成29年度東京工業大学フロンティア材料研究所学術賞研究奨励部門
  13. 2017年10月 2017年度日本建築学会大会(中国)学術講演会構造部門(鉄筋コンクリート構造)若手優秀発表賞
  14. 2018年3月 2017年度日本建築学会関東支部若手優秀研究報告賞
  15. 2018年6月 第3回住総研博士論文賞
  16. 2018年9月 2018年日本建築学会奨励賞



前のページに戻る


 所在地・交通案内
関連リンク
サイトマップ
お問い合わせ
リンク・著作権


国立研究開発法人 建築研究所, BUILDING RESEARCH INSTITUTE

(c) BRI All Rights Reserved